11 Jan本 「スマイル・レボリューション」のご紹介

鴨川の地域活性化と循環型コミュニティーづくりを代表するお二方、加藤登紀子さんと林良樹さん共著の「スマイル・レボリューション ─ 3・11から持続可能な地域社会へ」をご紹介します。

加藤登紀子さんは歌手として活動する傍ら、ご主人の故・藤本敏夫氏が創立した「鴨川自然王国」を拠点に循環型社会の実現に向けて広く活動し、数多くの著作を発表。
林良樹さんは鴨川自然王国やNPOうずの理事を務めるほか、地域通貨「安房マネー」や大山支援村の立ち上げに関わり、鴨川の里山を舞台に持続可能な新しい生き方を創造するアーティスト。

クリスと私が鴨川を初めて訪れたのは2009年6月に鴨川自然王国で開催された「あわのわ コミュニティーカフェ&マーケットVol.6」というイベントに行ったときでした。そして同年11月の「あわのわ …Vol.7」で鴨川への移住が決まりました。加藤登紀子さん主宰の自然王国という舞台で、良樹さんをはじめとする地域の仲間たちが運営するこのイベントは鴨川を中心に安房地域に移住してきた人たちがつくっている“新しいコミュニティー”を象徴するようなイベント。そして「あわのわ」の日に限らず、数多くの人々が鴨川や自然王国を訪れたり、この地域が発信する生き方の提案に触れて田舎への移住を決めたり、生き方を変えていっています。2011年10月、鴨川のそんな動きの中心的役割を担う二人による著作「スマイル・レボリューション ─ 3・11から持続可能な地域社会へ」が発表されたました。

当初の企画では鴨川でのさまざまな活動を綴る予定が、3.11が起きたことで内容が変わったそうです。
1960年代からの欧米型物質文明への移行、里山に未来を見出して活動の拠点を鴨川に移したエピソード、地域通貨をはじめとする新しいコミュニティーづくりへの様々な動き…そして3.11。3.11後にコミュニティーに起きた変化、被災地訪問、鴨川で始まった被災者支援活動。最後に鴨川の未来について住民たちが語り合う「座談会」の様子…。著者たちのそれぞれのリアルな体験と心の葛藤、未来への夢や希望を交えながら、新しい生き方への提案が綴られています。

いくつかの心に響く文章を引用:

「今、私たちは大きな方向転換の鍵を握っている。こんな大事なポジションに立つことになったことを、千載一遇のチャンスと受け止めなければならない。」

「3.11後、僕らに問われていることは、経済成長を価値の最上位におくのではなく、命の調和を幸福とする価値を選択できるかどうかである。」

「僕らがなすべきことは、もう明確だ。日本中の全ての原発を廃炉にし、地域に適した自然エネルギーを選び、食とエネルギーと経済を可能なかぎり自給・循環させ、自治・自立した持続可能な地域社会を創造することだ。」


良樹さんが2010年8月に開催した「トークライブ」に参加した私は、彼とパートナーのなほこさんのこれまでの道のりに感動しました。その時、彼らの生き方や物語は人々に勇気やインスピレーションを与える力をもっていると確信したので「本を書いたら良いと思う」と伝えたところ、それが1年後に本当に実現した。そういう意味でもとても嬉しい著作です。

そして、このコミュニティーには林夫妻をはじめ、数多くの素晴らしい移住者の先輩たちがそれぞれに活動していて、彼らの一部は「スマイル・レボリューション」でも紹介されています。彼らの生き方に大いに刺激を受けて移住してきた私たちですが、光栄なことに私たちも「スマイル・レボリューション」に登場します。鴨川は私たちのような新移住者もすぐに受け入れてもらえるような、とてもオープンな雰囲気をもっています。

本の最終章で綴られている、農家民宿「平山」での座談会にて (7月28日) ↓

全ての人が3.11以降の社会をよくする力をもっている。
それは全ての人が自分の生き方を、人生を変える力をもっているから。
そして私たち一人一人の生き方がやがては地域社会を、国を、世界を変えていくから。
スマイル・レボリューション ─ 3・11から持続可能な地域社会へ」は「変わりたい」、「変えたい」と思っている全ての人にインスピレーションと勇気を与える本だと思います。

************************************************************************************

スマイル・レボリューション ─ 3・11から持続可能な地域社会へ」はamazon、一般書店の他、こちらでも購入できます:

awanova

2 Responses to “本 「スマイル・レボリューション」のご紹介”

  1. 熊谷忠義 says:

    えりさんとクリスさん、お元気ですか。自然王国の里山帰農塾でお世話になった木更津の熊谷です。「スマイル・レボリューション」のレビューを書いていただいてありがとうございます。えりさんの温かい気持ちが伝わってきますね。この本は、私も自分用とプレゼント用に5冊買いました。私は3月で勤務先と縁が切れますので、これからは農的生活に少しずつでも関わって行きたいです。お二人ともまたお会いしたいです。いろいろ教えてください。ではまた。

  2. elli says:

    熊谷さま
    こんにちは♪ コメントありがとうございます。
    お互いに農的生活を楽しんでいきましょうね!また是非お会いしましょう!

RSS feed for comments on this post.