15 Feb自然界の大掃除 ~雪嵐の去った跡~

2/15, 土曜日。

私の住む地域では14日の朝から夜まで雪が降り続け、22時頃に雨に変わり、15日の午前中まで降り続きました。
東京都心でも、27cmの積雪を観測したようで、8日に続いて2週連続の記録的大雪。

昨夜の強風を伴った雪と雨で、うちの敷地内の木の枝や竹がたくさん折れました。
メキメキメキ…バッキン!という独特な音が夜通し聞こえ、私はドキドキしてなかなか眠れませんでした。
クリスも心拍数があがったようですが、クリスと私のドキドキは本質的に全然違うもの。
彼は純粋に心配によるドキドキ。私はワクワク感の入り混じった興奮系のドキドキ。
私は本質的に嵐や雷などのいわゆる「悪天候」にワクワクするという変わった性格をしています^^;
マヤKINというマヤ暦による私の持って生まれた本質も「青い嵐」で、変化や刺激大好き人間。
一方でクリスは反対KINと言って真逆の性質をもっている「赤い月」。
正反対の二人が一緒になってバランスを取り合っているような夫婦です。

さて、朝目覚めたら早速偵察に出かけました。
まずは老木の桜の枝が数本折れていました。折れた箇所の幹がむき出しになって痛々しい…
P1080979P1080980P1080982

敷地に続くスロープを降りて行くと…うわ!孟宗竹が2本倒れてお隣さんの家への通路が閉ざされている。これは早急に対処せねば…
P1080974P1080975

そして、スロープの脇に大きな枝が数本落ちている。大木の枝が折れて集落の共有の道路に落ちていました。

P1080976P1080977P1080978

家の裏にも枝が落ちている。こちらは一本の細い木の幹自体が折れてしまった様子。
P1080983P1080984

そしてガーデンの奥も、これまた派手に大きな枝が2本ほど折れた模様。

P1080986P1080985

台風や嵐などで木が折れたり倒れたりはこれまでにもあったけど、一度にこんなにたくさんの被害があったのは初めて。
強風+大雪→大雨という組み合わせのせいでしょうか?積もった雪が雨によって凍って重くなり、そこに風が否応なく吹いて重さに耐えられなくなった枝や木が折れたのでしょう。
折れた枝や木は1~2年乾燥させて薪として使います。折れてしまって可哀想だけど「ゴミ」にならないのは救いです。

嵐は自然界の大掃除。古くなった物、余分な物は否応なく淘汰されていく。厳しいけれど、自然の摂理です。
11月からずっとお掃除・手放しモードが続いている私は家の内外のお掃除による変化にワクワクします☆

 

 

 

 

Comments are closed.