11 Jun家の裏の木の伐採 by 河内さん

6月10日、火曜日。

我が家の裏の土地(北西側)には大木が数本斜面上に生えています。
私たちが引っ越してきた2010年の暮れの時点で既に屋根の上に枝を張っていた状態だったと思うのですが、木の生えている土地の地主さん(千葉市在住)の許可をとる必要もあるし、いつまでこの家に住むかも定かではないのでそのまま伸び放題。

この日の朝の時点で枝は屋根に触れている状態 ↓
P1100443
でも寝室のリフォームの際、押入れの上の屋根に完全に穴が空いていることに気づきました。

P1090317
原因を探ると、その部分の瓦が割れていることが分かりました。
P1090322

そこで知り合いのSさんに頼んでをしてもらったのですが、Sさんいわく他の瓦にもヒビが入っている箇所が結構あるとのことです。
そして木の枝が台風なんかで落ちた時の衝撃で瓦が割れてしまうのだとか。
これ以上瓦にダメージに与えないよう、屋根の上に枝を張っている木はすぐにでも伐採するか、枝打ちをする必要があると言われました。

そこで早速、地主さんにOKをもらい、近所に住む木こりの友人、Akiraくんに見積もってもらいました。
屋根をダメージせずに切るにはかなりの技術が必要だとのことでAkiraくんが働く河内林業さん(代表:河内さん)に木の伐採を依頼することになりました。
河内さんは忙しいスケジュールの合間を塗って、この日来てくれました。

P1100482
クリスは切った枝の処理。
そして私は河内さんの作業をドキュメントしたのですが、あまりに凄さにビックリ!
気づけばあっという間に木の上 ↓
ちなみに手前にある大木に安全綱をかけて、木から落ちても大丈夫なようにしています。

P1100456
そしてあらゆる体勢で屋根の上に張り出している枝を切って切って切りまくる ↓
P1100458
P1100461
P1100462
まるで忍者のようにスイスイ上に上がっていく… ↓
P1100465
後ろの木から吊るしたロープが安全綱 ↓
P1100469
一本目の椎木(しいのき)は終了 ↓
P1100470
次は隣のケシの木です ↓
P1100471
張り出している枝の上を歩く河内さんはまるで綱渡りをしているよう…↓

P1100474
切った枝が屋根に落ちないようにするためにはチェインソーで切った直後に左手で枝を持つ、あるいはチェインソーは落とし(腰からロープでつなげてある)、同じ右手で枝を掴みます。
そして地面に枝を落とす必要があります。
そのため、片腕で持てる大きさで枝を切っていました  ↓

P1100475
でも、張り出している枝が細すぎて体重を乗せられないので作戦変更。
ロープを枝に巻きつけて、切った枝を吊るしあげてから安全な場所に落とす方法を取ることに ↓
P1100476

 

黄色いロープで切った枝を降ろしています ↓
ロープで降ろされた枝はクリスや私がロープから外しました。
P1100477
屋根に張り出した枝を切った後は適度な大きさで太い枝を切っています ↓
P1100480
お昼を挟んでこちらのケシの木の枝打ち ↓

P1100493
こんなアクロバティックな体勢でも切ります。すごいバランス感覚と運動神経です。
大体このプロ用のチェインソーはめちゃくちゃ重いのに軽々と片手で持てること自体がすごい!
半端ない腕力の持ち主。↓
P1100494
だいぶさっぱりしました ↓
P1100495
枝打ちが終わり、シイノキの大木を株から切るかクリスと相談。
むやみに切りたくはないけど、数年のうちにまたもや屋根にかかってきてしまいそうな木は思い切って2本は切り倒した方が良いと判断しました ↓

P1100508
切り目を入れた木をロープで引っ張って誘因する役目をクリスが担ったので、本人はどんな風に木が倒れたかを見られませんでした。
記録のため倒木のプロセスはビデオ撮影したので写真はないのですが…

作業後の写真を見れば何が起きたかは分かります。
P1100527
P1100530壮絶です…。
切り倒された後、切り株の所に行って思わず「ごめんね」と謝りました。
樹齢35年~40年ほどの椎木(シイノキ)でしたが、たまたま家のすぐ裏に生えたことで倒されてしまった…。
生きるということは、他の命を奪うこと。
それが自然界の掟だけれど、木の生々しい切り口を見ると申し訳ない気持ちになりました。

こうして8:00~18:00まで、一日がかりの作業を終えた後のうちの敷地はこんな状態です ↓

P1100529
P1100525
P1100526

そしてBefore/After 写真 ↓

P1100443

P1100520

P1100445
P1100522
P1100446
P1100523

P1100447

P1100531
P1100449

P1100535
P1100450
P1100536

P1100448
P1100535
P1100451

P1100537
P1100452

P1100539

あとは家のすぐ裏の孟宗竹を切ればだいぶさっぱりします。

ここ半年あまりは台風や大雪、大雨の日は枝が折れて屋根に落ちるんじゃないかと心配になっていたので、これで安心して過ごせるようになります。

河内さん、半端ない技術と体力の持ち主です。
どんなにハードな状況でも丁寧に作業してくれて、全く屋根を傷つけることなく無事に木の伐採を終えることができました。
そして人柄もとても良くて、むやみに切るのではなく必ずこちらの意思を確認して了承を得た上で作業してくれました。
一日におよぶ作業が終わって疲れているのに関わらずこの笑顔♪  ↓

P1100517

また木の伐採が必要になったらお願いしたいです。
その前に切った枝や木を片付けなくては…
私たちのペースだと数年はかかりそうですが… ^^;

Comments are closed.