06 Febひとりっ子に慣れたマーヤ

2月6日、金曜日。

シヴァがネコちゃん天国に旅立ってからマーヤと私の関係性は変化しています。
シヴァが死んでから4日後に私は仕事で東京に行く予定があったのですが、マーヤのことが気がかりでした。
生まれてからずっと一緒に過ごしてきた兄弟ネコのシヴァが死んでしまって寂しいであろう時に、私も2泊3日家を留守にしても大丈夫かなと。
先日のチャネリングセッションの際にその話をしたら、
「そういう場合は出かける前に話して聞かせてあげれば良いのです。これから出かけるけれど、何日の何時には戻ってくるから心配しないでね。」と。
「ネコには話せば理解する」ということは以前も聞いたことあるけれど、まさかこんな具体的なことは伝わらないだろうと思っていました。

P1100063
そこで、早速試してみることにしました。
前の晩に、「マーヤ、私は明日から出かけるけれど、土曜日の夜に帰って来るからね。ちゃんと戻って来るから心配しないでね。ご飯はクリスパパにもらうんだよ。」
そして当日の朝も「マーヤ、今日から出かけるからね…」と同じように伝えました。
でも目を合わせる訳でもないし、本当に分かっているのかな~?という感じ。
マーヤは天気が良い日は朝ご飯を食べたらすぐに外に飛び出して、遊んだり狩りをして過ごします。
大抵戻ってくるのは昼過ぎのおやつの時間だけれど、この日はかなり頻繁に家に戻ってきました。
戻って来ても何をする訳でもなく、すぐにまたどこかに行きます。
まるで私の様子を伺いに来ているみたいだな~とふと思いました。
2時ごろに戻ってきた時、「マーヤ、あと1時間で行くけれど、元気でね」と伝えると、またすぐにどこかに行きました。
いよいよ家を出る時間になったらマーヤは再び家に戻って来たので驚きました。
もしかして1時間って言ったのが分かったのかな?と。
おやつを食べているマーヤに「じゃ、行って来るからね」と言うと、顔を上げてまるで「もう分かったよ~。じゃ~ね。」と言ってるかのようなうんざりしたような表情。
それがおかしくて思わず笑い出しました。

IMG_0028
シヴァが先月旅に出かけて以来、マーヤは早朝にニャーニャー鳴きながら私の布団に入ってくることが頻発していました。
おかげでクリスも私も寝不足になることが多かったので、ある日、
「マーヤ、朝は鳴かないでくれるかな?私たちが寝ている時に鳴くと起こされちゃって、その後眠れなくなるんだよ。そうするとすごく疲れちゃうの。」
すると、翌朝は一切鳴かず、私たちが目覚めるまで私とクリスの間でおとなしく寝ていました。
そう言えば、シヴァが旅に出る前もずっとここで寝ていたな~と思い出し、驚きました。

そんな経験を経て、マーヤに伝えたいことがあれば話して伝えることにしました。

マーヤが私の言っていることを理解していることを示すもう一つの驚きの出来事がありました。
実はシヴァが死んでからというもの、マーヤが外に行く度に「ちゃんと帰って来るんだよ」とつい言ってしまっていたのです。
シヴァが突然いなくなったかと思ったら数週間後には死んでいたことがちょっとしたトラウマになっていて、マーヤにも同じことが起きないかと不安になっていました。
心のどこかで過剰に心配しているな、と自覚はしていたのだけれど…

2月5日にきぃちゃんから「マーヤちゃんがおかあさんに伝えて欲しいと昨日の夜に会いにきましたのでお伝えしますね。」とメッセージが届きました。
「えぇ!?」と驚きつつ、読み進めると「おかあさんが注意を向け過ぎて窮屈だ。もっと自由が欲しい。」とマーヤが言ってきたようなのです!
「ガーン!」いやぁ~これには参りました!自覚があっただけに反省…。

さらに、きぃちゃんがその際に「マーヤちゃん、ずっと一緒にいたのに一人になって寂しいね」って話しかけたら、「もう慣れた」って言っていたようです。

それを聞いて安心しました。
ネコって思った以上に私たちの言っていることを理解しているようです。
そして、人間よりかも全然あっさりしていて、悲しみや寂しさを引きずらない生き物なんだな、と。
過去を振り返らず、未来を案じず、常に今を生きている。

シヴァやマーヤのお陰でこういう学びを得ることができ、マーヤに対して実践できるのはとても幸せなことだと思う。
今までの私は飼い主としては未熟だったなぁ~と色々と学ばせてもらっています。
シヴァが生まれ変わってまたうちに来てくれた時にはもっと良い飼い主になっているよう、精進します!

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

他の”ネコの徒然ブログ”はこちら

Comments are closed.