20 Junインドへの旅 その31:ベリーダンス ワークショップ@Body Temple

6月20日、土曜日。

前の晩の帰宅が遅かったため、ゆっくりと起きてTrimurtiでブランチ。
ぬいぐるみのようにかわいい猫がいて、思わず写真を撮った。
ああ、うちのマーヤが恋しい…

IMG_20150620_134622
夕方からは先日のライブで踊ったBody Templeにてベリーダンスのワークショップ。
そろそろ雨期に入るダラムサラでは急激に観光客が去っていく時期だったので、人が集まるか心配ではあったけれど、Mitsueちゃんをはじめ、4人の参加者が来てくれた。
日本でちょっとだけベリーダンスをかじったMitsueちゃん以外はベリーダンスは初めての女性達。

IMG_0525
先日のライブに来てくれたオーストリア人のBettinaがカナダ人とオーストラリア人の友人を連れてきてくれた。
「私、ちょっと前までは“強いことが一番”って思って男みたいに生きてきたけれど、最近なんか違うって思うようになって」
「私もそうだけれど、彼女たち“男っぽい”のよ。だからこういうワークが必要だと思って」
IMG_0527
輪になって一人一人が踊ったとき、オーストラリアの女性(右)は涙を流し始めた。
「真ん中で踊っている人にすごく愛をもらったような感覚で、涙が止まらなくなったの…」と自分でも驚いているようだった。
IMG_0532
カナダ人の女性(左)はベリーダンスの動きにしても様々なエクササイズをするにしても照れくさいようで、前半はついふざけてその照れをごまかしていた。
でも最後には殻が破れたかのように柔らかい表情になっていた。
「今まで踊ったことはなかったけれど、ベリーダンスなんて絶対無理だと思ったけれど、とても楽しかった」とワークショップ後に言っていた。
IMG_0533
欧米系の、初心者の女性達を対象にワークショップをしたのは初めてだったけれど、日本人女性との違いはとても興味深かった。
日本人女性にも自分の中の女性性を抑えている人は多いけれど、欧米系の女性に比べるとまだまだかわいい程度。
欧米系の女性達は「男性と同様の強さを持つことで男性社会で認められ、生存していくことができる」という固定観念に縛られている場合が多い。
そんな中で女性本来の優しさ、柔らかさ、滑らかさを失っていってしまう。


IMG_0534
女性の強さは男性とは質が違う。
女性としての自分らしさや魅力を発揮してこそ、男性を生かすこともできるし、男性の持ち得ない強さを手にすることができる。

IMG_0543
女性は美しい。そして愛に溢れていて強い。
自分の中の女性性に蓋をしてきた彼女達が踊りを通してそんなことを感じてくれたようだ。IMG_0542
私がベリーダンスを通して初めて女性として生きる幸せを味わえたように、
彼女たちの中で、この新しい感覚が益々育って芽吹きますように…
心からそう願った。

***********************

その他のインド・ダラムサラへの旅2015のブログ:









Comments are closed.