22 Jul藍染め体験@Gallery&Cafe SIGEL 天羽工房

7月20日、月曜日。海の日。

この日は、うちから車で40分ぐらいの場所にあるGallery&Cafe SIGEL 天羽工房に行きました。
SIGELさんでは夏の期間、藍染めワークショップを開催しているのですが、友人でベリーダンスの生徒さんでもあるMihoちゃんに誘われて一緒に参加しました。
鴨川に移住した5年ほど前からベリーダンスで使うシルクのベールを自分で染められたら良いなぁ~と漠然と思っていたのですが、ここに来てようやく初体験。

まずは藍の生葉染めに挑戦しました。
SIGELさんではタデ藍と琉球藍を畑で育てているのですが、藍の生葉染めにはタデ藍を使いました。
10410451_1660131850885672_2257757416049508429_n
ご主人と一緒にタデ藍を積むところから。生葉染めは鮮度が大切!
11059856_10206156367562625_3420529431659747203_n
茎から葉っぱを取ってボウルに入れていきます。
その後、生葉を水と共にミキサーにかけて粉砕。
出来上がった液体を漉して、細かくなった葉を取り除いたら染め液ができあがり!
11742644_10206156368642652_3912682680812473302_n

 

シルクのショールを15分かけて染めます。
11755062_1660131860885671_4571594212261152108_n

各自好きなデザインに染めましたが、私はグラデーションに挑戦。
とてもきれいで涼しげな水色になりました♪
11742877_1660131884219002_4817665756521884368_n

一旦乾かしたら、水で洗って色を定着させます。
そして再度干します。日光にあてるときれいに発色するのだそうです。
11742797_10206156369242667_1956911276377393941_n

希望する人は藍の生葉の「漬け物染め」にも挑戦することができたのですが、Mihoちゃんと私はこのためにシルクのベールを持参していました。
染める前に水に浸しておきます。
10411138_10206156369042662_2540015426730705507_n
漬け物染めには琉球藍を使いました。琉球藍は日陰を好むそうなので建物脇に植わっていました。
IMG_20150720_114938
近くで見ると、タデ藍に比べて葉の表面がマットな感じ。
IMG_20150720_114140

漬け物染めではお湯にミョウバン、そして塩(雑菌の繁殖を抑えるため)に加えました。
11745620_10206156369442672_3073487503355414635_n
Ziplocに生葉を敷き詰めてサンドイッチ状にシルクベールを挟み込み、その中に上記のお湯をかけました。
10500583_10206156369642677_3447959682370961656_n

日光があたる場所に一週間ほど放置して発酵させ、
染めていきます。
今は真夏なので5日ほどで完成するのだとか。

完成すると青と紫の混じったタイダイ状の染め上がりになるそうです。
どんな色になるのか、今から本当に楽しみです!

藍染のワークショップ後はCafeでランチをしました。
東京湾を望みながらのキーマカレーランチ。

IMG_20150720_123400
IMG_20150720_134730
IMG_20150720_123520
ワークショップもランチも大満足で充実の休日となりました♪

Gallery&Cafe SIGEL 天羽工房 サイト: http://sigel-amaha.info/
Gallery&Cafe SIGEL 天羽工房FBページ:https://www.facebook.com/gallery.cafe.sigel?fref=photo

Comments are closed.