06 Novフードガーデンづくり その1: コンパニオンプランツ

11月6日、日曜日。

9月に入ってからPCを使う時間が極端に減ってきました。

その理由はフードガーデン(菜園)作りにすっかりハマってしまい、時間が空けば菜園で作業してるから。
外で土いじりをしたり植物に触れる時間が増えると、家の中で座ってPCに向かうということを不自然に感じ始めるんですね。

10月9日のフードガーデンの様子 ↓

11月6日のフードガーデンの様子 ↓

この予想外な展開にクリスも私自身もビックリ。うちはあまり気合を入らずに「農」をやる、なんちゃって半農半Xをやる予定(?)だったので。
1年前に今の家に引っ越してきたら、敷地に畑があるのでテキトーにタマネギ、小麦を育ててみました→
春からは夏野菜の苗をテキトーに植えたら、一部の野菜がすごく豊作で収穫の喜びを味わう →
7月からは大豆づくりに挑戦 →

そして、9月。直売所やホームセンターに並ぶ秋まき野菜の種や苗を眺めていたら、急にやる気が出て各種野菜の種や苗を入手。
種は大体有機の固定種を売っている「たねの森」で買いました。

農薬や殺虫剤を使いたくないのでコンパニオンプランツを利用してます。コンパニオンプランツとはWikipediaによると「野菜類等とハーブ類等をうまく組み合わせて一緒に植えると、病害虫を防いだり、成長を促進したり、収穫量が増えたり、風味や芳香を良くしたり等、様々な良い効果を生み出すと言われている」。元々ハーブも育てたいと思っていたので益々野菜作りのやりがいが増えた訳です。

コンパニオンプランツに関する情報は本やネットで調べています。
お勧めの本はこちら:
有機・無農薬コンパニオンプランツで無農薬の野菜づくり
農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ
お勧めサイトはこちら:
http://www.geocities.jp/heboen2/chishiki/compani.html

アブラナ科野菜のブロッコリー、カリフラワーは害虫にとても弱いようです。でも、コンパニオンプランツもいろいろあります。

10月9日。フレンチマリーゴールド(左)の隣に植えたカリフラワー(右) ↓

ブロッコリー(左右)の近くにバジル(中央) ↓

カリフラワーとローマン・カモミール(手前) ↓

コンパニオン・プランツだけでは効果が足りない気がしたので(去年友人にもらったキャベツの苗を植えたら虫に喰い尽くされた)、寒冷紗(かんれいしゃ)もかけました。

10月17日。寒冷紗の中で窮屈そうなカリフラワー ↓

写真を撮るために寒冷紗を外してみたらなんだかのびのびしてる ↓

コンパニオンプランツ効果か、または10月いっぱいは寒冷紗をかけたせいか、ブロッコリー、カリフラワーの列はかなり発育が良い感じです。

11月6日の様子 ↓

ブロッコリー(左)とスティックブロッコリー(右) ↓

カリフラワーは上から見ると、小さな花蕾(からい)がしっかりとついていて感激  ↓

ホウレンソウのコンパニオンプランツは葉ネギのようです。「農薬に頼らない家庭菜園 コンパニオンプランツ」という本に書いてある通りに植えてみました。ちなみにニンニク、ネギ、タマネギなどのユリ科の野菜は臭いが強いのでコンパニオンプランツとして多用されるそうです。

ワケギは球根から育てたところ、順調に成長 ↓

10月9日。ワケギを定植して、その間にホウレンソウの種をまいた ↓

ホウレンソウの小さな芽が出てきた ↓

「へえ~、これがホウレンソウに育っていくのかぁ… 」初めてなので全てが新鮮 ↓

11月6日。成長してきたワケギとホウレンソウ ↓

ホウレンソウはところどころ虫に喰われてるけど、全体的には良い感じ ↓

キャベツ類はセージ、カモミール、レタスを近くに植えると良いとのこと。

10月9日。芽キャベツとセージ ↓

10月9日。ムラサキキャベツ(左)とサニーレタス(右2株) ↓

10月9日。キャベツ(上)とレタス(下) ↓

11月6日。寒冷紗とコンパニオンプランツ効果でキャベツ(左2株)とレタス(右)は害虫の被害がほとんどなし ↓

11月6日。芽キャベツ(2株)も同じく順調に成長中。ちなみに手前にあるのはカモミール。

11月6日。ムラサキ・キャベツ・サニーレタスも、とても順調。

特にムラサキ・キャベツは成長が著しい ↓

ダイコンもアブラナ科野菜で、コンパニオンプランツはフレンチ・マリーゴールドとカモミール。ダイコンは何本も同時に収穫しても食べきれないので9月から4回に分けて種まきしました。虫に喰われてしまった芽もあったりして、大きい葉と小さい葉に差があります 。カモミールを植えたのが遅れたせいか(?)、ダイコンの成長はまあまあな感じ。マリーゴールドをもっとたくさん植えた方が良かったかな…?

11月6日。ダイコンとマリーゴールド。

花があると「畑」ではなく「ガーデン」という雰囲気になるのでますます楽しい ↓

ダイコンの双葉はハート型でかわいい ↓

タマネギのコンパニオンプランツはカモミールとクリムゾン・クローバーのようです。クリムゾン・クローバーは苗づくり中。とりあえずカモミールをタマネギの間に適度な間隔で植えていきました。タマネギは雑草を嫌うようなので、ここでは横ばいに成長するローマン・カモミールではなく、ジャーマン・カモミールを植えました。もちろん、花が咲いたら収穫してハーブ・ティーとして利用する予定です。

タマネギとカモミール ↓

今のところタマネギもカモミールも順調に成長している ↓

他にも色々と紹介したいけれども、久々の長時間のパソコン使用で疲れたのでおしまい^^;

最後にガーデン全体の様子↓

2 Responses to “フードガーデンづくり その1: コンパニオンプランツ”

  1. AKIMA says:

    先日いただいたロータスガーデンの野菜たち、おいしかったで~す!

  2. elli says:

    良かった♪ やっぱり野菜はオーガニック&新鮮が一番だね~^^

RSS feed for comments on this post.