18 Jul心動かされる選挙フェス by 三宅洋平

7月18日、木曜日。

多くの日本人の政治に対するスタンスは「無関心」かなと思います。
怒りや嘆きを通り越し、政府に何も期待しない、あきらめ感のような雰囲気があるのではないでしょうか?
人は楽しいと思わないこと、興味のないことには時間を割きません。
私も政治に関してはあまり詳しくないし、必ず投票はしていたけれども、「この人なら心からの一票を入れられる!」と思えるような政治家はこれまではいませんでした。

でも三宅洋平さん(緑の党推薦)の「選挙フェス」の様子をfacebookの友人のポストで知って、心が動きました。
7月14日に渋谷駅前で行われた「選挙フェス」様子を見ると日本人が、日本の政治がいよいよ変わるのではないかと思うほどの人だかり。

miyake1

7/14 三宅洋平(選挙フェス@渋谷ハチ公前)映像:
http://www.youtube.com/watch?v=bPgwbqSHNhY&sns=fb

ミュージシャンである彼の選挙活動が画期的なのは、演説部分とライブ演奏がほど良いバランスで混ざっていること。
「”祭政一致”って言葉があるけど、祭は元々”政(まつりごと)”。古代で言ったら唄ってしゃべれる人が政治家だったんだと思うんだよね。”祭りごと”と政治を一つにするために、もう一回政治をオレ達の手に戻すために、このタイミングで動きませんか?」
唄う選挙演説 三宅洋平(比例区)緑の党 @吉祥寺 2013/07/04映像3:55~抜粋:http://www.youtube.com/watch?v=aDT7jeWRXQA

まったく新しい選挙キャンペーンの形は、「選挙フェス」と呼ばれている。 野外で行われる音楽フェスティバル、つまり「野外フェス」をそのまま選挙と結びつけたのは素晴らしい発想!

音楽を通して、語る、伝える、表現する。
長々としたモノトーンな演説を聞かされるより、音、そして歌詞を通して語りかけた方が心に届く。
「ことば」のもつ「魂」、「言霊」は声や音のもつバイブレーションにのせることで何100倍ものインパクトをもって響いてくる。

かと言って、彼は単なるミュージシャンなだけではない。
しっかりと政治や日本が抱える諸問題について身をもって体験していたり、勉強していて、言うことにブレがない。
すごく感心したのが、彼は決して安部総理や他の政党の批判をしないこと。
「懐柔作戦!」と本人も口にしているが、争うのではなく話し合いたいと言う。
「国のために」という想いは同じ。ただ、センスややり方が違うだけ、とも語る。

「そんで自分が立候補してみてまず最初に言いたいこと。安部総理、本当にいつもご苦労さまです。ありがとう!主義主張は違えど、自分が立候補してこの100日間、資金集めで声枯らして訴え続けて活動し続けて…一部省略…それで初めて分かったことがあるんだよね。何もしないで文句だけ言ってたってこと。ほんと政治家って大変よ。」
「だから思うんだよね、政治家って利害や利権のためだけじゃできない。みんな想いがあってやっているんだよね。…一部省略…主義主張、センスは違えど、ご苦労さまって思って、オレ素直に挨拶できるような人間になりました。」
20130710 三宅洋平選挙フェス@福岡(三宅洋平さん登場部分)参議院選挙 1:43~抜粋:https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=QpAO7Rph1kQ#at=18

三宅洋平は本当の意味でのピース(平和)を知っているのだと感じる。
「日本人っていうのは世界で一番暴力が嫌いな民族だよ。あんだけこの2年、政府に情報で騙されても暴動ひとつ起こさなかったんだから。それは誇りに思っていいんだよ。平和ボケじゃないよ。日本人が一個だけやりたくないことがあったんだよ、この2年。暴動。暴力に訴えること。そのスタンスを逆に世界に教えないといけないと思うよ。」
(選挙フェス@名古屋 矢場公園 2013/07/15映像から抜粋:http://www.youtube.com/watch?v=FJsVFlWbBQM

彼の精神性の高さにはすごく共感する。私も日本の色々なことに問題を感じつつも、この国が好きな理由は日本人が平和な民族だから。これは世界的に誇れることだと思っています。

三宅洋平は「♪心が動けば体が動き出す。体が動けば心が動き出す♪」と歌っているけど、私も心動かされて自分なりに選挙フェスに参加することにしました。facebookやブログを通して、彼の存在を知ってもらおうと思って色々と調べたりアップしています。
政治には疎い私をここまでさせるなんてすごい!私のように「選挙フェス」をきっかけに動き出した人がたくさんいて、驚くべく早さで三宅洋平フィーバーが広がっています。

後日追記:7/19 正午時点でこのブログのヒット数は148。内、facebook経由から来た人は115。
普段政治とはほぼ無縁の私だって、これだけの発信力があるということ。

そんな三宅洋平、そして緑の党の政策は、私の考えをそのまま反映していて嬉しい。

三宅洋平 政策9ヶ条:

1.文化を最大の輸出品に
2.復興から保障へ
3.除染から廃炉ビジネスへ
4.送電線から蓄電技術へ
5.消費増税から金融資産課税へ
6.大規模農業から家庭菜園へ
7.官僚主権から住民主権へ
8.破壊から再生の公共事業へ
9.憲法9条を世界遺産に

「緑の党」の主要な政策:
1.憲法96条改憲 →反対
2.消費税 → 増税の凍結
3.原発 →すみやかに脱原発
4.TPP →反対

詳細は三宅洋平のサイトをどうぞ:https://miyake-yohei.jp/

半ば諦めかけていた日本の政治。
三宅洋平や山本太郎のような同世代の勇気ある人たちのおかげで、やる気が沸いてきています。

私たち一人一人が動けば大きな力になる。
日本をより良い国に変える原動力になりましょう。
その初めの一歩は、7/21に投票することから始めましょう。

ちなみに比例代表に投票する時は「個人名」を書いた方が当確に影響するそうです。
参考までに…

election

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

三宅洋平の選挙フェスに関するブログや記事:

Earth Garden WebMagazine:
【3日間で閲覧4万人へ】緊急増補:三宅洋平「選挙フェス」の伝説を今こそ見ないと後悔する。7/20は渋谷ハチ公前!参加型民主主義を体現してコトバを放つ、彼と僕たちと世の中の波頭へ
三宅洋平/選挙フェスの先にある、新しい時代の息吹■官邸前抗議からせんきょCAMPへ、夏フェスから地域フェスへ、アースデイから暮らしへ、そして“祭りゴト”のそのあとへ

天下泰平:  三宅洋平さんの選挙フェス
Hideyo Blackmoon的 日常生活: 三宅洋平選挙フェス ー 集合意識

 

 

One Response to “心動かされる選挙フェス by 三宅洋平”

  1. elli says:

    facebookにこのブログのリンクを貼ったら、友人のTerryさんがこういうコメントを添えて、シェアしてくれました。感謝!

    「Love の反対 opposite は憎悪 hatred ではなくて無関心 indifference。今の日本の象徴symbolic な姿。彼に触れて下さい。Get to know him.きっと何かが変わります。Something will happen to you. Then you will know you are the power. Love is contagious! そしてあなたは自分の可能性に驚くでしょう。愛は伝染します。この記事をぜひ読んで。Please read this article my friend wrote. 私のお知り合いのブログです。」

RSS feed for comments on this post.