01 Decライブ@御宿・牛舎8号3周年イベント レポート

11/30, 土曜日。

この日、御宿にある牛舎8号で3周年記念イベントがあり、その一貫のスペシャルライブに出演しました。

13:30に会場入りして、まずはステージ周りを作っていきました。
実は今回、いつもお願いしているステージ・空間演出のiori.toの都合がつかず、舞台装飾に初挑戦!
FestivalでもコラボしたキャンドルアーティストWax Art SujiのRieちゃん、フォトグラファーのZenzaburoさん、生徒さんで受付・物販スタッフのNoriちゃん、牛8のマネージャーTakuちゃん、そしてクリスと私の6人がかりで作業して、ステージ上部を白い布で飾っていきました。

ZenStagePhoto by Zenzaburo Yoshino

1枚の長~い布をどう使うかを考えるのは思った以上にやりがいがあり、効果も抜群♪
衣装作りにも通じるものがあり、ビジョンと実践・試行錯誤というプロセスを経て完成!
でも衣装作りは一人で黙々とやる作業だけど、今回のステージ演出は皆とワイワイ言いながらの作業でとても楽しかった~。

今回のステージの特徴は通常のステージから花道のように、せり出している部分があり、ダンスは主にそこで踊ることに。なので、キャンドルはステージ全体に飾る感じに。

P1080643

「ステージ演出に使えるかな~」と思って持ってきた蚊帳(かや)。牛8のマネージャー、拓ちゃんに言わせると「イカのおばけみたいなの(笑)」は結局ステージではなく受付で活躍。

ZenzaburoさんとNoriちゃんが飾ってくれてとても良い雰囲気に♪  ↓

P1080641

Noriちゃんは去年のFestivalにお客さんとして参加した際、受付や他のスタッフの女性たちがおでこにビンディーをつけているのが「とても素敵♪」と思ってくれたらしく、今回自分で買ったビンディーを他のスタッフの女性たち全員につけてもらっていました☆

率先してイベントの演出に力を入れるのりちゃんを見て、なんだかとっても嬉しかった~ *^^*

P1080647
NorieElli
ステージ演出・装飾が終わった頃、amamaniaが会場入り。セッティングとサウンドチェックを終え、いよいよリハーサル開始。
うーん、我ながら、白い布の演出がなかなか良い感じ♪

P1080648

amamaniaのAkima(左)とShamian(右) ↓

P1080651

 ゲストミュージシャンのChris ↓

P1080652
このメンバーでのライブはもうかれこれ5年ぐらいやっているので、阿吽(あうん)の呼吸。曲全体を通す必要もなく、あわせる必要のある部分だけざっとやって終わり。
今回は贅沢にも2名のフォトグラファー、ZenzaburoさんとSekitaくんが写真撮影を担当してくれたのでそれぞれの持ち味が楽しめます。こちらはリハーサル時の写真。

IMGP1278Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita

そしていよいよ開場、そして本番。
キャンドルに火が灯され、こんな風にステージが美しく変身。

ZenCandles2Candles by Waxart Suji     Photo by Zenzaburo Yoshino

牛舎8号はその名の通り、元は牛舎なので、すきま風ビュービューな環境。
気温が急激に下がった日でもあったので、ステージも控え室も半端なく寒かったです。
ストーブを炊いていても、手を10cmぐらい近くにかざさないと暖かさを実感できないという状況。
これまでに野外で冷たい雨が降る中で踊ったことがあったな~。それに比べたら、屋内なだけ全然余裕でしょう!
そんなことを考えながらホッカイロを衣装の裏側に貼りまくっていました^^;
そうこうしているうちにamamaniaの演奏が始まりました。

Zenamamania1Photo by Zenzaburo Yoshino

最初の曲ではAkimaさんのネイティブアメリカンの笛の音にあわせてセージを炊いてステージのお浄め ↓

IMGP1303

Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita
IMGP1306Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita

続いて月をイメージして踊った”Moonstruck”
ZenElliAmamaniaPhoto by Zenzaburo Yoshino
Zen1Photo by Zenzaburo Yoshino

IMGP1325
Photo by TRIPTRACKS 
Hiroaki Sekita

“I Wonder Why”ではクリスがインドの笛、バンスリーで参加。
ZenChris
私は平和を祈る蝶をイメージしてベールで舞いました。
ZenElliVeilPhoto by Zenzaburo Yoshino

ZenElliVeil2Photo by Zenzaburo Yoshino

せり出したステージから見た客席の様子。
ZenElliAudiencePhoto by Zenzaburo Yoshino

照明はいすみ在住の手塚幸夫さんが担当。
天井に飾った白い布が色とりどり染められ、キャンドルの光と相まってとても幻想的…

IMGP1336Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita

ただし、写真を撮る上では全体が紫色に塗りつぶされるのでSekitaくんは何枚かモノクロ写真に仕上げてくれました。
タイムスリップしたような効果が出て、こちらもすごく良い味が出ています。

sekita
Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita

踊っているうちに吐く息が白く見えるのが演出的に良いな~と、時折わざと口から息を吐いて楽しんでいました。

IMGP1412 Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita

IMGP1345Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita

休憩中、フリースを着て客席をウロウロしていたら生徒さんたちが「エリ先生、寒くないですか?」と心配そうに聞いてくれました。「けっこう色々な人に聞かれるんだけど、正直なところめちゃくちゃ寒いです!(笑)」と言ったらウケていました^^。
「でも全然寒そうに見えないです」とみんな言ってくれたのでホッとしました。

温めてくれているクリス。後ろで複雑な表情を浮かべる牛8のマネージャー、拓ちゃん^^ ↓
ElliChrisPhoto by Zenzaburo Yoshino

どんなに寒くても、暑くても、調子悪くても、ステージに立ったら、それを見せないのが我々アーティストの仕事。観てくれている人も寒い思いをしているのに、こっちも寒がっていたのでは話になりません! 私たちパフォーマーは自分の肉体的な苦痛を乗り越えてパフォーマンスに入り込んで、お客さんの苦痛を少しでも和らげるのがお役目のひとつです。

2セット目の”Nataraja”はちょっと雰囲気を変えてトライバル(民族)系の衣装で登場。

ZenNatarajaPhoto by Zenzaburo Yoshino

そして”Aphrodite”では海の官能的な女神を踊りました。

ZenElliAphroditePhoto by Zenzaburo Yoshino

“Sunshine”では虹色の衣装で登場。
ZenElliWhirlPhoto by Zenzaburo Yoshino

今回、お客さんが至近距離にいるけれどステージに高さがあったため、床に膝をついて近づきたいという衝動に何度もかられました。
ベリーダンスは大ステージで踊るよりもダンサーと観客が触れ合うほどの近い距離感が合う踊りです。ダイナミックな動きというよりは、ダンサーの表情や、繊細な動きから放つエネルギーに触れるのが魅力なのです。そしてスペースもあまり必要ありません。たたみ一畳でも踊れる踊りともよく言われます。

ZenElliFloorPhoto by Zenzaburo Yoshino

Waxart Suji/Rieちゃんの美しいキャンドルと炎にも吸い寄せらました。古来から人は火を囲んで生活をしたり、歌って踊っていたことでしょう。ベリーダンスは夜の踊りなので、蝋燭の炎とは切っても切り離せない縁があります。炎のゆらめきがあるとすんなりとベリーダンス特有の”ムード”の中に入っていけます。

ZenElliCandlesCandles by Waxart Suji     Photo by Zenzaburo Yoshino

私は基本的に即興で踊るダンサーなので、ライブ音楽の「その時」「その場」になってみないと分からないところが大好きです。
歌い手やミュージシャンがその時の気分で、レコーディングやこれまでのライブとは違うことをやると「おお~そう来たか!」とサプライズを楽しみながら常に「今」を踊っています。
IMGP1444Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita

今回も、予期せぬ展開がけっこうあったので面白かった^^。ライブ後にShamianが「エリちゃんは私の歌にあわせて踊っているな~、と感じたよ」って言ってくれたけど、「もちろんだよ~!」と私。
踊り手の一つの使命はどれだけ「声」や「音」を正確に視覚化できるかだと思うのです。そして良い踊り手の定義のひとつには「音を聴いて、それに反応する能力が高い人」というのがあると思っています。

IMGP1502
Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita

それにしても、今回のラスト曲、「時を超えて」の後に続いたジャムセッションはめちゃくちゃ長かった~!寒さで体力を消耗したせいか後半かなり疲れました。「もう終わるかな~(期待…)」と思いきや、また「ジャンジャカ、ジャンジャカ♪」と元気良く始まっちゃって「もういい加減やめてくれ~」とチラッとShamianに視線を投げたら、私の意図を理解したのかしなかったのか、首を横に降る彼女。ガーン T.Tみたいな…. 。そんなShamianも喉が疲れてAkimaさんにチラッと終了を促す視線を送っていたのだとか…^^;

IMGP1485
Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita

でもあとで友人が言うにはあれぐらい踊ってくれると見応えがあって良かった~、とのこと。それなら踊った甲斐がありました☆

ZenElliFinale
Photo by Zenzaburo Yoshino

で、ようやく演奏が終わったら、私は思わずステージにぶっ倒れました!^^ もちろんわざと♪ ステージの床部分が畳素材で、ゴロンとしたくなる感じだったし…。私が倒れてしばらく気絶したかのように動かないのを見て、お客さんも大ウケでした。ステージの最後にわざと倒れるなんて生まれて初めてだけど、自分的には今回のライブで一番印象に残った瞬間だったかも?(笑)

IMGP1509Photo by TRIPTRACKS Hiroaki Sekita

 こういう展開もライブならではで面白いですね♪

zen1Photo by Zenzaburo Yoshino

寒い中、各方面から駆けつけて来て下さった皆さん、本当にありがとうございました☆
最後に生徒さんたちを含め何人かのお客さんが一緒に踊ってくれたのがとても印象に残っています^^

来てくれた生徒さんたちとのショット♪
ZenElliStudentsPhoto by Zenzaburo Yoshino

ライブ後に食べたOWLさんのハンバーガー、Yuccaちゃんのイランのスープがめちゃくちゃ美味しくて、体も温まりました☆
片付けでバタバタしつつ、Yukariちゃんの水タバコもほんのちょっと吸い、ちょこっとずつだけど色々な人とお話ができ、交流もとても楽しかった~。
皆さんとこうしてつながって、交流が深まったことにとても感謝しています。
牛8のマネージャーTakuちゃん、写真撮影のZenzaburoさん、Sekitaくん、ビデオ撮影のKitaさん、受付・物販のNoriちゃん、Keiさん、キャンドルでコラボしてくれたRieちゃん、amamaniaのAkiさんとShamian、ゲストミュージシャンのChris、照明の手塚さん、装飾用の白い布を貸してくれたMitsuさん、Hironoちゃん、今回遠くから来て出店してくれたYukariちゃん、Tomちゃん…全員書き出したら切りがないけれど、皆さんのおかげで素晴らしい夜となりました☆

また楽しい時間を過ごせる日を楽しみにしています!

Zenzaburoさん、Sekitaくんが撮ってくれた写真のfacebookアルバム:
https://www.facebook.com/elli.harrington/media_set?set=a.10201837582875707&type=1

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イベントの案内文: 

☆牛舎8号3周年記念 スペシャルライブ

amamania × Awa Belly DanceElli
生音楽×ベリーダンスライブ!!

11.30FlyerVer.1

日時:     11月30日(土) 17:30 開場 18:00開演 (1時間+α)
場所:  牛舎8号 千葉県夷隅郡御宿町実谷437 鶏卵牧場
アクセス: http://www.farmr-o.sakura.ne.jp/access.html
入場料: 大人1000円 小学生以下無料
連絡先: 04-7068-2631(鶏卵牧場) 090-5312-8939(みなり)

 

詳細はこちら→http://elli.harrington.jp/belly-dance-event-at-gyu8-info/
facebook イベントページ: https://www.facebook.com/events/1442160869344974/

 

 

 

 

Comments are closed.