20 Mayインドへの旅 その1:いざ、デリーへ

5月20日~6月24日までインドに滞在していました。
首都、デリー経由でヒマラヤ山麓の街、ダラムサラにひと月ほど過ごしました。
インド滞在中にブログを書く予定だったのですが、思った以上にネット環境が悪く一度も更新できませんでした^^;
でも写真は日々撮って、ほぼ毎日日記をつけていました。

これから少しずつインドでの色々な出来事、出会い、気づきなどを写真と共にアップしていきたいと思いますので、気長におつきあいくださいませ。
(ブログの日付は実際に起きた日で、記事を書いた日付ではありません)。

今回のインド行きを決めたのは3月のこと。
インドに呼ばれていると意識したのは7年前。でもインドを訪れた友人たちの話ではインドはとてもハード。
なかなか勇気が出ず、バリ(インドネシア)やパンガン島(タイ)などで練習(?)をしつつ、少しずつインド行きの準備をしていました。
そして人生の節目を迎え、人生が大きく変わろうとしている今、「もう行くしかない!」という勢いでついにインド行きを決意しました。

もうひとつ大きなきっかけを与えてくれたのは鴨川の近所に住むアキバ。
アキバはこれまで三回ほどダラムサラに行っていて、あちらで毎年春に開催されるhillhacksという技術系WSやトークなどのカンファレンスの創立者の一人でもあります。
また技術提供などをして、現地人のコミュニティーに貢献もしています。
彼はダラムサラがとても気に入っていて、鴨川に移住して間もない頃からクリスと私を執拗に “You should come to Dharamsala with me. “「 僕と一緒にダラムサラにおいでよ」と誘ってきていました。
ほぼ、会う度にこう聞かされていたので、私もいつしか洗脳(?)され、機会があれば行きたいなという思うようになりました。
元来旅大好き人間な私はこうしてすんなり説得され、旅行嫌いなクリスは家でお留守番。
そんなこんなで今回、私だけアキバにくっついてダラムサラに行くことになったのでした。

5月20日、水曜日。

成田→デリー行きの機内 ↓

5.20Plane
「どうして今回はダラムサラなの?他の街には行かないの?」と色々な人に聞かれました。
そもそもこの季節、インド各地は気温が上がってかなり暑くなるため、決して観光シーズンではありません。
でもそんな中、ヒマラヤ山麓にあるダラムサラは例外で4月~6月いっぱいの3ヶ月がシーズン。
「初インドでわざわざ暑い場所を巡るのも嫌だな」と思ったのと、せっかくなら長く滞在してダラムサラという街をよく知りたいなと感じました。
私は旅好きだけれど、短期間に観光名所だけを巡るツアー的な旅行はすごく苦手なのです。
その土地をよく知りたいのであれば少なくとも数週間、できれば一ヶ月は滞在すべきだと思っています。
そんなこんなで、今回はピンポイントでダラムサラ、及びその周辺に滞在しようと漠然と考えていました。

エアーインディアのデリー直行便に乗り込むと、既に空気はマサラ(スパイス)の匂い。
以前からよく、「インドの空港に降り立った瞬間に匂いがすごい」と聞いていたけれど、飛行機に乗った時点でこの匂いは予想外!
機内食の匂いも多少はあるけれど、明らかに搭乗客の体臭だと思われる…。
一発目のカルチャーショックは成田で起きました^^
IMG_20150520_201315
8時間のフライトはうたた寝したり、映画を見ている内にあっという間に終わりました。
デリーの空港に降り立つと、ムワ~っという暑い空気に圧倒。もはやこちらでは日本の真夏の気温。
IMG_20150520_210131
空港内のATMでインドルピーを引き出し、携帯のsimカードを購入。
お茶しながら待つこと40分ほどでインドの携帯番号を入手し、その場で携帯を使えるようになりました。
ちなみにsimフリー携帯を入手してから今回が初めての海外旅行。
日本で使っている携帯のsimカードを差し替えるだけでそのまま使えるなんて最高に便利!

IMG_20150520_190154
この日はデリーで一泊するため、ホテルに向かうタクシーを呼ぶアキバ。
料金交渉がなかなか大変そうだけど、その辺は慣れているアキバにお任せ♪
ああ~、インド慣れしてる友人と一緒だと楽だなぁ…
IMG_20150520_190140
空港からホテルまでのタクシーで、私はインド人の運転を初体験。
正直、死ぬかと思った。
超スピードを出すし、前の車にぶつかるギリギリまでブレークを踏まない。
ウィンカーも出さずに無謀な車線変更を繰り返し、やたらにクラクションを鳴らす。
ギャー!すべてのドライバーが暴走族のような乱暴運転だぁ~!
心臓が何度も止まりそうになり、寿命が縮まった気がしました。
IMG_20150520_191028

ホテル到着後はそれぞれの部屋で一休みし、夕飯を食べに近くのレストランへ。
アキバは何よりも食事を楽しみにしていたようで、大量に注文。
IMG_0002
インド版天ぷら、パコラの山盛り…
IMG_0003

長旅とカルチャーショックの連続で疲れつつ、初のインドに興奮ぎみな私。
IMG_0001

でも翌朝は早起きして5時にホテルを出発せねば。
ダラムサラに向けての12時間の旅路が待っているのでした…

***********************

その他のインド・ダラムサラへの旅2015のブログ:










Comments are closed.