10 Junインドへの旅 その21:歌と踊り

6月10日、水曜日。

この日、初のManojの歌のレッスンを受けるためにBhagsuに向かった。
Manojはとても人柄が良くで、真摯に教えてくれる。
そして時折「ああ、素晴らしい…」と褒めてくれる。
何よりも教えることをすごく楽しんでいるのが分かる。
IMG_0126
練習用のスケールを書き出しているところ ↓
IMG_0127
Manojは「あなたには才能がある。才能は神からの贈り物だよ。誰にでもあるものではないのだから大切にしたらいい」と言った。
これまでに色々な先生の元で歌や踊りを学んだけれど、こんな風にストレートに私の才能について語った人はいなかったのでジーンときた。
IMG_20150610_170021
確かにみんなが言うようにManojは素晴らしい先生でレッスンもとても良かった。
あと10日ほどしか滞在できないこと、そして自分もベリーダンスを教えたり、ライブがあったりするので時間が限られていることを伝えると、
「君が受けられる範囲で良いからぜひ続けてみて」
そんなこんなでとりあえず5日間はレッスンを受けてみることにした。

レッスン後、先日見つけたかわいい服を売っているKushiに行った。
店番のKrishnaは相変わらずフレンドリーだ。
IMG_20150610_174347私が踊ることを知っていたKrishnaは太鼓を叩きながら歌い始めた。
「はい、踊って」
そう言われて、私は店の中の狭い空間で踊り始めた。
そこへ他のお客さんも入ってくると目をキラキラさせて見ている。
インドでは街中で突然音楽を奏でたり、歌ったり、踊ったりしてもみんな驚きはしない。
そしてすぐに打ち解けて友達になる。

Krishna(左)、ポーランド出身のAnna(中央)と私。

IMG_20150610_174522
この後、フランス人のJohanneから電話が入り、一緒に夕飯を食べた。
彼女とは年も同じで、歌と踊りが好きという共通点もある上に、色々な価値観が似ていてすごく話が合う上に居心地が良い。
あと数日でBirという街に移動するというので、それまでにまた会おうねと約束した。
IMG_0143

***********************

その他のインド・ダラムサラへの旅2015のブログ:









Comments are closed.